So-net無料ブログ作成
検索選択

情報提供304「フードバンクおおいた設立準備会等」

○ 佐伯市社会福祉協議会地区社協会長・事務局長会議

佐伯市社会福祉協議会の依頼で平成28年3月16日(火)に佐
伯市社協会館「きずな」大会議室で「地域福祉における地区社協
の役割」で講演しました。

地区社会福祉協議会には、住民が主体となり、安心・安全な生活
を過ごせるような地域づくりを目標に、支え合い活動などの地域
福祉活動を推進する役割があります。

地区社会福祉協議会では、把握したニーズについて話し合い、解
決を図りますが、地区内での解決が困難な時には市町村社会福祉
協議会へ課題提起をしたり、市町村行政やその他各種専門機関、
ボランティア等と協働することも地区社会福祉協議会の大切な役割
があります。

28佐伯市地区協会長事務局長会議.jpg

○ 地域の助け合い活動推進事業報告会

独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業(地域連携活
動支援事業)を活用しまして地域の助け合い活動推進事業を実施
してまいりましたが、地域の助け合い活動推進事業の経緯や成果、
課題等について受講者や講師の方を交えて協議・情報交換し、今
後の助け合い活動推進に繋げるために平成28年3月16日(水)
に大分市内のトキハ会館で報告会を開催しました。

当日は修了証書「大分県暮らしの安心・安全士」の贈呈が行われ、
続いて大分県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二が事業報告を行
いました。

その後6箇所から代表者、講師、受講者等から事例発表がありま
した。
最後に大分大学客員教授の椋野美智子さんから講評・総括として
の講話がありました。 

28地域の助け合い活動推事業報告会1.jpg

28地域の助け合い活動推事業報告会2.jpg

○ 大分県災害ボランティアネットワーク連絡協議会

上記の運営委員会と協議会の会議が平成28年3月17日(木)
に大分県総合福祉会館で開催されました。
平成27年度の事業報告と28年度の事業計画について協議かな
されました。
また28年度の新規事業として福祉避難所の運営支援やフードバ
ンクの推進について説明がありました。
連絡協議会では大分県社会福祉士会、大分県災害ボランティアバ
イク隊、NPO法人レスキュー・サポート九州から活動事例の発
表もありました。

28災ボラネットワーク運営委員会.jpg

28災ボラネットワーク連絡協議会.jpg

○ フードバンクおおいた設立準備会

我が国では子どもの6人に1人が相対的貧困状態にあるなど子ど
もや1人親世帯の貧困が社会問題になっています。
そのために食べ物に困っている人や生活に困窮した人などに対し
て食品企業の製造工程や販売課程で発生する企画外品などを引き
取り、緊急食料支援を行うフードバンクの設立を目指して準備会
が開催され約40団体が参加しました。

予定では今年の6月下旬に「フードバンクおおいた」を設立し、
7月からフードバンクサポーターの養成、月2回の食料提供、フ
ードドライブ月間の設定、フードバンクキッチンのブロック開催
などを実施していきます。
また「フードバンク」を通じて災害時の避難所、福祉避難所、在
宅の被災者等に対しても支援事業を行うこととなります。

28フードバンク設立準備会1.jpg

28フードバンク設立準備会2.jpg

○ 春のおもてなし「花ニラ」

庭の山桃の下になにやら白い花が咲いていました。
水仙かと思いきや、よく見ると花ニラでした。
鳥が運んできたのでしょう。
花ニラは原産地アルゼンチン。明治時代に園芸植物として導入さ
れています。

28花ニラ.jpg





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供303「生活支援ボランティア講座13等」

○ 生活支援ボランティア講座13

宇佐市会場では宇佐警察署の生活安全課笠木文明さんによる
「悪徳商法など防犯について」、大分県ボランティア・市民
活動センターの西村真弘さんによる「災害時の対応について」
の講座がありました。
最後は大分県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二が「今後の
地域での支え合い活動のあり方」等についてワークショップ
も交えてのグループ討議を行いました。

28生活支援ボラ講座宇佐最終日.jpg

○ 地域の助け合い活動推進交流拠点づくり7

別府市会場(地域の支え愛センターふれあいサロン茶の実)で
は、平成28年3月13日(日)に公益社団法人認知症の人と
家族の会大分県支部の藤田淳子さんによる「認知症の相談・ア
ドバイスがありました。

大分市猪野地区では3月11日(金)にコープおおいたの協力
で後藤孝代・松尾幸さんによる脳トレ教室が開催されました。

大分市東浜地区(東浜二丁目公民館)では3月10日(金)に
大分県歯科衛生士会の麻生清子さんによる歯の予防、アドバイ
ス、相談がありました。

28交流拠点東浜麻生清子.jpg

佐賀関地区では馬場公民館で3月10日(木)にしりとり童話
に料理教室がありました。

中山公民館では3月9日(水)に大分県アマチュア無線赤十字
奉仕団大分県連絡協議会の西郷彰英会長による「緊急時の地域
防災」についての話しがありました。

湊地区ではスカットボールが3月11日(金)にありました。

佐伯市では3月8日(火)に小川公民館で、3月6日(金)に
青山公民館で、3月8日(火)に小川公民館で、3月9日(水)
に佐伯市勤労者総合福祉センター三余館で、3月10日(木)
に井の上公民館で、大分県ノルディックウォーク連盟の内田菜
穂子さんらによる野外での体の動かし方の相談・アドバイス
ありました。

宇佐市では四日市まちん中サロンで3月8日(火)に大分県歯
科衛生士会の麻生清子さんによる歯の予防・口腔ケアについて
の相談・アドバイスと大分県栄養士会の上田由美さんによる高
齢者の栄養の取り方についての相談・アドバイスがありました。

春のおもてなし「野いちご」

野いちごが倉庫前の祠の裏に咲いていました。
子どもの頃近くの子供達と野いちご狩りに行ったのを思い出し
ます。
スーパーなどで売られている苺はアメリカ大陸原産で、日本に
は江戸時代にオランダから渡来したので、「オランダイチゴ」
とも呼ばれています。

もりあげて
  やまいうれしき いちご哉  
           正岡子規

28野いちご.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供302「セカンドライフ講座等」

○ セカンドライフ講座等

定年を迎えた方、これから迎える方が、地域福祉に関心を持ち
ボランティア活動などを通じて地域と繋がることを学ぶ講座
「セカンドライフ講座(中津市社会福祉課主催)」が平成28
年3月12日(土)の10時から中津市教育福祉センターで開
催されたので、講師として出かけました。

当日は「ボランティア活動でつながること」をテーマに大分
ボランティア・市民活動センター所長の甲斐賢二が講演し、
その後事例紹介として中津ボランティアカメラマンの会の中野
修さん、おもちゃ病院ややまの西本泰一さんが発表しました。
最後に中津市社会福祉協議会の渡邉ゆかりさんによるボランテ
ィア保険・ボランティア登録の説明がありました。

28セカンドライフ講座中津.jpg

11時過ぎに中津を出て、11時半に宇佐市四日市の「まちん
サロン」での交流拠点の生活支援ボランティア講座に参加。
宇佐市での講座の最終日でもありましたので、グループ毎に意
見交換・発表などをして貰い、取りまとめるとともに今後の方
向について話し合ってもらいました。

12時40分には宇佐市を出て、2時から大分市の大分県総合
社会福祉会館で行われた大分県社会福祉士会主催の「平成27
年度災害支援に関する説明会」に出席し、災害ボランティアセ
ンターと災害時派遣専門ボランティア登録について説明しまし
た。

現時点で当センターに登録している災害専門ボランティアは大
分県社会福祉士会等16団体、197名、一般の災害ボランテ
ィア登録は881名です。災害発災後、大分県災害ボランティ
アセンターを立ち上げたときは、この計1078名の方々のご
協力・支援を受けながら機動的かつ迅速に連携を取り被災地復
旧支援ボランティア活動を行っていくことになります。

28災害支援に関する説明会.jpg

3時過ぎには大分市から国東市に移動。
「ボランティア出前講座」の講師の田中尚輝さん(NPO法人
市民福祉団体協議会専務理事)らとの打ち合わせ・懇談会に出
席しました。

○ 梅の花

昨年、隣の土地から家の裏に移し替えた梅の木に白い花が咲き
だしました。
梅は中国原産で、奈良時代の遣隋使または遣唐使が中国から持
ち帰ったとされています。
「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると紅梅がもてはやさ
れました。
江戸時代には、各藩が非常食として梅干を作ることを奨励した
ため、梅林が全国で見られるようになったそうです。

人はいさ 心も知らず ふるさとは 
  花ぞ昔の 香ににほひける
              紀貫之(古今集)

東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花
  あるじなしとて 春な忘れそ
              菅原道真(拾遺和歌集


28梅.jpg




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供301「災害ボランティアリーダー・スタッフ研修等」

○ 生活支援ボランティア講座12

佐伯市会場(弥生文化会館)で、平成28年3月5日(土)
にNPO法人たすけあい組織鼓楼の田原京子さんによる
「高齢者等交流拠点での活動事例等住民参加型福祉サービス」、
大分県医療ソーシャルワーカー協会(佐伯中央病院)の中村
賢介さんによる「社会福祉と医療」、大分県精神保健福祉士
協会(丘の上病院)の古賀朋和さんによる「心の持ち方」講
座がありました。

28生活支援ボラ講座佐伯田原住民参加型.jpg

○ 地域の助け合い活動推進交流拠点づくり6

別府市(地域の支え愛センターふれあいサロン茶の実)で平
成28年2月27日(土)に別府ビリセンターリハ支援課長
山形茂さんによる「体のストレッチ・相談」、3月3日(木)
にNPO法人介護予防リハフィットネス大分の首藤康広さん
による「尿漏れ予防・相談」がありました。

宇佐市(四日市まちん中サロン)では3月1日(火)に大分
県ノルディックウォーク連盟の内田菜穂子さんらによる「野
外での運動・相談」、3月4日(金)にNPO法人日本ヨガ
連盟の江藤恵美子さんによる「シニアヨガ・相談」がありま
した。

大分市東浜(東浜二丁目公民館)では3月6日(日)にNP
O法人FORONEの幸美佐子さんらによる「音楽療法と相
談」がありました。

28交流拠点東浜音楽療法.jpg

大分市大津町(大津町三丁目公民館)では、3月3日(木)
にコープおおいたの協力により、後藤孝代・松尾幸さんによ
る脳トレ教室が開催され、3日に因んで甘酒が参加者に提供
されました。

28大津町交流拠点脳トレ.jpg

28大津町交流拠点甘酒.jpg

○ 災害ボランティアリーダー・スタッフ研修

今年度最後の研修が平成28年3月4日(金)に別府市亀の
井ホテルで開催されました。
「圏域・県域を活かし、つながりにそなえる!~必要な社会
資源が被災地に届くために~」をテーマにNPO法人さくら
ネットの石井布紀子さんが、「シュミレーションを通じたロ
ールプレイ」、「災害ボランティアセンターで活用する様式
の検討」と「次年度以降のネットワーク会議の進め方」につ
いて講演・ワークショップがありました。

28災害ボラリーダースタッフ研修.jpg

○ 青年社会活動コアリーダー育成プログラム

青少年国際交流推進センターが内閣府の支援を受けてオース
トリア、ドイツ、英国の様々な分野のNPOなどで積極的に
活動している方々を日本に迎えて実施している育成プログラ
ムの一環として平成28年3月3日(水)に大分県総合社会
福祉会館を一行が訪れたので意見交換しました。

当日は大分県ボランティア・市民活動センターの通常のボラ
ンティア活動や災害時の支援等の実情について説明するとと
もに、特に障害者が地域活動に参画するためのボランティア
の支援のあり方について意見交換しました。

28成青年社会活動コアリーダー育成プログラム1.jpg

28成青年社会活動コアリーダー育成プログラム2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。