So-net無料ブログ作成

情報提供296「生活支援ボランティア講座8と交流拠点等」

○ 生活支援ボランティア講座8

佐賀関会場で平成28年1月26日(火)に坂ノ市包括支援
センターの川野壮彦さん(大分県医療ソーシャルワーカー協
会)による「社会福祉と医療について」に大分丘の上病院地
域サポートステーション室長の古賀朋和さん(大分県精神保
健福祉士協会)による「心の持ち方について」の講座があり
ました。

○ 地域の助け合い活動推進交流拠点づくり

県下6箇所行われた生活支援ボランティア講座の受講者等に
より学んだことを実践する場、高齢者等が気軽に交流できる
場づくりのために概ね1月から3月までの間モデル的に交流
拠点を設けることにしていますが、大分市中央部で4箇所、
佐賀関神崎で4箇所、別府市で1箇所、佐伯市で3箇所、玖
珠町で4箇所、宇佐市で1箇所の計17箇所で受講者が中心
となって企画・実践することになりました。

佐賀関中山公民館で第1回目が平成28年1月13日(水)
に大分市保健所佐賀関支部の指原栄子さんによる健康指導で
始まりました。
2回目は平成28年1月25日(月)で佐賀関神崎校区公民
館でのサンドイッチを作りながらの交流会となりました。

28神崎校区公民館交流拠点1.jpg

28神崎校区公民館交流拠点2けんちん汁.jpg

大分市中央部では1月27日(水)に西新町地区町内公民館
で「笑心サロンまちんなか誕生祭」として行われました。
当日は大分県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二による「楽
しいシニア世代の過ごし方」や一期一会の糸永幸子さんによ
る「いつまでも健康でうつくしく」の講話がありました。
引き続き大友語りべの会などサークル紹介やカラーセラピー
講座など体験学習会もありました。

128西新町地区町内公民館.jpg

28西新町地区町内公民館2.jpg

また、玖珠町では1月26日(火)に八幡自治会館(サンホ
ール)で大分県歯科衛生士会の麻生清子さんによる「口腔ケ
ア」の話しがありました。
これは生活支援ボランティア講座での講座が好評だったため
講座を受けられなかった八幡地域の人にも聞いて貰いたいと
企画され実現しました。
「口腔ケア」の話しは1月29日(金)に玖珠町の玖珠自治
会館(くすふれあいホール)でも同じように行われました。

28玖珠町矢幡自治会館.jpg

28玖珠町矢幡自治会館麻生歯科衛生士.jpg

○ 豊後森機関庫ミュージアム

雪降る平成28年1月26日(火)に玖珠町で時間調整の間、
同町帆足の旧豊後森機関庫(国登録有形文化財)公園内に昨
年11月にできた豊後森機関庫ミュージアムを訪れてみまし
た。
「歴史とあそぶ・まなぶ・たのしむ」がコンセプトのミュー
ジアムでは機関庫に関する資料や歴史を紹介するDVD、施
設備品などを展示されていました。
JR九州の列車などのデザインを担当する水戸岡鋭治氏の作
品も見ることができます(予定)。
施設の一角にはおもちゃや絵本のコーナーを設置して、家族
で遊べる空間もありました。

28豊後森機関庫ミュージアム1.jpg

28豊後森機関庫ミュージアム2.jpg

28豊後森機関庫ミュージアム3.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供295「 避難所間仕切りシステム等」

○ 避難所間仕切りシステム

「避難所用間仕切りシステム」のデモンストレーションが平
成28年1月18日(月)に県庁の正庁ホールで開催されま
した。
当日はシステムの考案者である坂茂さん(NPO法人ボラン
テリー・アーキテクツ・ネットワークワーク代表、大分県立
美術館の設計者)の説明と実演がありました。

災害時の避難所での被災者のプライバシーの確保や安全・衛
生的な生活空間などを確保するために、紙管を活用して間仕
切りを作るデモンストレーションが行われました。
実際の災害時にはボランティア等が資材を加工して組み立て
ることになります。

避難所間仕切りシステム1.jpg

避難所間仕切りシステム2.jpg

○ ロウバイと水仙

家の西側に植え替えたロウバ寒さの中が咲いていました。
家の庭では年始めに最初に咲く花です。
ロウバイの名前の由来は、「蠟細工」のような、梅に似た花
からだそうです。
また、東側にはいつの間にか水仙が。
水仙は別名雪中花。仙人は、「天にあるを天仙、地にあるを
地仙、水にあるを水仙」という中国の古典からきれいな花の
姿と芳香がまるで「仙人」のようなので命名されました。
英語名はナルシサス。ナルシサスは、ギリシャ神話の美少年
の名前にちなみます。

其(そ)のにほひ  桃より白し 水仙花
                松尾芭蕉

水仙や  寒き都の ここかしこ
                与謝蕪村

「水仙」

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと
われひとりさ迷い行けば
折りしも見出でたる一群の
黄金(こがね)色に輝く水仙の花
湖のほとり、木立の下に
微風に翻りつつ、はた、踊りつつ

天の河(あまのがわ)に輝やきまたたく
星のごとくに打ちつづき
彼らは入江の岸に沿うて
はてしなき一列となりてのびぬ
一目にはいる百千(ももち)の花は
たのしげなる踊りに頭をふる

ほとりなる波は踊れど
嬉しさは花こそまされ
かくも快よき仲間の間には
詩人(うたびと)の心も自ら浮き立つ
われ飽かず見入りぬ──されど
そはわれに富をもたらせしことには気付かざりし

心うつろに、或いは物思いに沈みて
われ長椅子に横たわるとき
独り居(ひとりい)の喜びなる胸の内に
水仙の花、しばしば、ひらめく
わが心は喜びに満ちあふれ
水仙とともに踊る

ウィリアム・ワーズワース
イギリスの代表的なロマン派詩人であるワーズワースは
1770年、北西イングランドの「湖水地方」に生まれた。
湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた
自然讃美の詩を書いた。
1804年に湖水地方のアルズウォーターのGowbarrow
Parkで、妹と散歩をしている時に作詞した。

28ロウバイ.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供294「生活支援ボランティア講座7等」

○ 生活支援ボランティア講座7

佐賀関会場で今年初回の生活支援ボランティア講座が平成28
年1月12日(水)に神崎校区公民館で開催されました。
当日は河原地域包括支援センターの中西正俊さん(社会福祉士)
による「コミュニケーション手法・傾聴講座」に大分岡病院の
河津由佳さん(大分県作業療法協会)の「体の機能訓練」があ
りました。

1月16日(土)には宇佐市会場(四日市コミュニティセンタ
ー等)で大分県ノルディックウオーク連盟の内田菜穂子さん、
内田勝之さんによる「野外での運動の必要性と取り組みについ
て」と宇佐整骨院の西原清さん(健康運道指導士)による「室
内での運動の必要性と取り組みについて」がありました。

28生活支援ノルデック宇佐.jpg

28生活支援宇佐健康運道指導士西原2.jpg

28生活支援宇佐健康運道指導士西原.jpg

1月17日(日)には佐伯市会場(弥生文化会館)で大分県栄
養士会の吉田文代さんによる「高齢者の栄養と食事の介助」と
上岡調剤薬局の脇田佳幸さん(大分県薬剤師会)による「薬の
セルフケアへ・お薬手帳」に大分県歯科衛生士会の麻生清子さ
んによる「口腔ケア」の講座がありました。

28生活支援佐伯吉田管理栄養士.jpg

28生活支援佐伯脇田薬剤師.jpg

28生活支援佐伯脇田薬剤師2.jpg

28生活支援佐伯歯科衛生士会麻生清子.jpg

○ 福祉ボランティアリーダー研修会

昨年から実施していた福祉ボランティアリーダー研修会が引き
続き平成28年1月14日(水)・15日(木)に大分県総合
福祉会館で開催されました。
両日はご近所福祉クリエーターの酒井保さんを講師に「ホンキ
の支え合いづくり」、「私たちの目指す地域像」をテーマに地
域資源の発見・活用方法、資源のつくり方とつなぎ方などにつ
いてワークショップや事例検討などを行いました。

研修会終了後には参加者に修了証書が手渡され、終了記念に大
分県ボランティア・市民活動センター所長の甲斐賢二からのチ
ョコチーズケーキの差し入れがありました。

28福祉リーダー研修会4・5回.jpg

28チョコチーズケーキ.jpg

○ 第3回災ボラ体験型研修会

大分県災害ボランティア体験型研修会検討委員会が平成28年
1月15日(金)に大分県総合社会福祉会館で開催されました。
これは1月29日に開催する避難所図上訓練・体験訓練の予行
習的な意味合いで開催されました。

28第3回体験型研修検討会.jpg

○ 正月のおもてなし「ガトーショコラムースケーキ改良版」

正月の親戚や知り合いのお宅にお伺いするときのために作っ
てみました。
ケーキの上にホワイトチョコを削って冬らしく雪に見立てて
みました。

28ガトーチョコムース改良版3.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。