So-net無料ブログ作成
検索選択

情報提供289「生活支援ボランティア講座4等」

○ 生活支援ボランティア講座4

佐伯市会場(佐伯市弥生デイサービスセンター)で生活支援
ボランティア講座が11月22日(日)から始まり、第1回
目は大分県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二による「大分
県の地域の高齢者の現状とボランティアの役割」の講座に大
分県介護福祉士会の平野良江さん、梅田健太郎さんによる
「高齢者の疑似体験」、「身体の動かし方」の講座がありま
した。

27佐伯生活支援ボランティア介護福祉士.jpg

27佐伯生活支援ボランティア介護福祉士2.jpg

佐賀関会場(こうざき校区公民館)では平成27年11月
24日(火)に大分県ノルディックウォーク連盟の内田菜穂
子さんによる「野外での運動の必要性と取り組みについて」
の講座がありました。

27生活支援ボランティア佐賀関ノルデック1.jpg

27生活支援ボランティア佐賀関ノルデック2.jpg

別府市会場(地域ささえ愛センター)では6日間講座の最終
日となった11月22日(日)に別府警察署生活安全課の丸
井孝之係長による「悪徳商法など防犯対策について」と大分
県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二による「災害ボランテ
ィアセンターなど防災対策について」の講座がありました。

最後に大分大学客員研究員の椋野美智子さんによる講評・取
りまとめが行われ、各4グループに分かれて今後の対応、特
に交流拠点での運営企画内容等について協議が行われました。
予定では各グループが12月から月一回の企画事業(相談日
込み)を3月までに4グループで計12回実施することにな
ります。

27別府生活支援ボランティア椋野.jpg

大分会場では11月22日(日)にNPO法人日本健康運動指
導士会健康運動指導士の平松裕章さんの「室内での運動の必
要性と取り組みについて」と大分県ノルディックウォーク連
盟の内田菜穂子さんの「野外での運動の必要性と取り組みに
ついて」がありました。
また29日(日)には大分県栄養士会の土谷洋子さんによる
「高齢者の栄養と食事の介助」、大分県薬剤師会の河野哲治
さん(庄内調剤薬局)による「薬とセルフケア、お薬手帳」、
大分県歯科衛生士会の麻生清子さんによる「口腔ケア」の講
座がありました。

27大分生活支援ボランティア室内での運動平松1.jpg

27生活支援ボランティア講座大分薬剤師.jpg

○ 花てまりの会10修理年記念

着物文化の継承~時は蘇る」をテーマに地域支援団体「花
てまりの会(染矢千歳恵代表)」の10周年記念の会が平成27
年11月15日(日)に佐伯市のホテル金水苑で盛大に開催
されました。
当日は「江戸、明治、大正、昭和、平成」の着物の移り変わ
りを表現したステージやピアノ・テナーサックス奏者による
「カフェdeおしゃらく」、花てまりの活動報告「福祉美容
10年の歩み」等がありました。

27花てまりの会1.jpg

27花てまりの会2.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供288「生活支援ボランティア講座3等」

○ 生活支援ボランティア講座

佐賀関会場(こうざき校区公民館)では平成27年11月10
日(火)に健康運動指導士の木元雪絵さんによる「室内での
運動の必要性と取り組みについて」、大分県栄養士会の中村
佳子さんによる「高齢者栄養と食事の介助」についての講
座がありました。

別府市会場(地域ささえ愛センター)では11月8日(日)
に大分県県医療ソーシャルワーカー協会の井元哲也さんによ
る「社会福祉と医療について」と酒井歯科の酒井珠材さんに
よる「口腔ケア」、理学療法士会の佐々木絋幸さんによる
「体の機能訓練」の講座がありました。また、11月15日
(日)には別府青山・東山地域包括支援センターの岩崎和恵
さんらによる「認知症サボーター養成講座」と大分県精神保
健福祉士会の古賀朋和さんによる「心の持ち方について」、
別府市中部地域包括支援センターの菅野陽子さん(大分県社
会福祉士会)による「コミュニケーション手法」の講座があ
りました。

27口腔ケア別府酒井.jpg

27体の機能訓練理学・佐々木・別府.jpg

玖珠町会場(メルサンホール)では11月4日(水)に大分
県介護福祉士会の梶原キヌ子さん、田村恵子さんによる「高
齢者の疑似体験」、「身体の動かし方」の講座がありました。
また11月11日(水)には玖珠町地域包括支援センターの
岩尾美和さんによる「認知症サポーター養成講座」、高田病
院の松尾美穂さん(大分県社会福祉士会)による「コミュニ
ケーション手法」、大分県作業療法協会の矢野高正さんによ
る「体の機能訓練」の講座がありました。

27高齢者疑似体験介護福祉梶原・玖珠町.jpg

27認知症岩尾玖珠町.jpg

27コミュニケーション松尾・玖珠町.jpg

27作業療法・矢野・玖珠町.jpg

大分市会場(大分県総合社会福祉会館)でも生活支援ボラン
ティア講座が11月15日(日)から始まり、第1回目は大
分県ボランティア連絡協議会の甲斐賢二による「大分県の地
域の高齢者の現状とボランティアの役割」の講座に大分県介
護福祉士会の桑原かおりさん、藤本洋美さんによる「高齢者
の疑似体験」、「身体の動かし方」の講座がありました。

27介護福祉士藤本大分.jpg

○ 地域の助け合い活動推進セミナー(宇佐市・佐伯市会場)

平成27年度の介護保険の改正でこれまでの介護保険の予防
給付が見直され、市町村の総合事業として移行し、高齢者の
多様なニーズに対応するために市町村が実情に応じ取り組み
を推進することになりました。

このような制度改正についてはまだ十分住民の方に周知が行
き届いてないために、より理解を深めて貰おうとセミナーを
県下6箇所で開催しています。
その5・6回目(平成27年11月14日・11月15日)
をNPO法人市民福祉団体全国協議会の田中尚輝専務理事を
講師として宇佐市(14日)・佐伯市(15日)で開催しま
した。

27地域の助け愛活動推進セミナー宇佐市.jpg

27地域の助け愛活動推進セミナー佐伯市.jpg

○ わび助

椿は日本原産種で、日本書紀にも記録が残されています。
庭に椿(わび助)が咲いています。
椿は冬を堪え忍ぶから耐冬花。世間のしがらみに耐える私は
耐冬人?

あしひきの八峯(やつを)の椿 
   つらつらに見とも飽かめや 植ゑてける君
                    大伴家持(万葉集)

27侘助.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供287「 被災者支援拠点運営訓練等」

○ 第2回災害ボランティア体験型研修検討会

来年1月29日開催予定の避難所運営訓練の検討会が平成27
年11月2日(月)に大分県総合社会福祉会館で開催されま
した。
第1回目の検討会で協議した内容を元に訓練内容について詳
細に詰める会議となりました。
今年度はより行政職員に参加して貰いたく、これまでの土日
開催を変更して平日開催することになりました。

27第二回災ボラ体験型研修会検討委員会.jpg

○ 被災者支援拠点運営訓練

次の災害に備えるための「被災者支援拠点運営訓練」が平成
27年11月4日(水)、5日(木)に佐伯市弥生B&G海
洋センターで開催されました。
これは大分県社会福祉協議会と日本財団の共同開催で昨年に
続いて2回目となりました。

事前の研修での学びや気付きを訓練で実践する中で、通常の
避難所を参加者が自ら体験し、避難所での必要な備えは何で
あるかを学んでいきます。
体育館で一泊するこの訓練で参加者は大規模災害時に被災地
で同時多発する様々なニーズの対応等について、住民が主体
となって、混乱している状況下で、避難所だけでなく地域全
体のニーズ把握をしながら、地域にアウトリーチすることを
前提として避難所体制と運営のあり方を学んでいました。

4日はまず発災直後を想定し、避難所開設を目指して、5日
は発災後一週間で現地に起きる変化を想定し被災者支援拠点
づくりを目指す訓練を行いました。

27被災者支援拠点運営訓練1.jpg

27被災者支援拠点運営訓練2.jpg

27被災者支援拠点運営訓練3.jpg

27被災者支援拠点運営訓練4.jpg

27被災者支援拠点運営訓練5.jpg

○ ボランティア体験スピーチコンテスト

大分市内にある楊志館高等学校で第13回ボランティア体験
スピーチコンテストが平成27年11月5日(木)に開催さ
れましたので審査委員として出かけました。
最優秀賞は嶋田美空さんでした。

27ボランティア体験スピーチコンテスト.jpg

○ ヒメツルソバ

庭で勝手に自生してどんどん伸びて群生するので雑草扱いし
ていたヒメツルソバですが、ホームセンターに行ってみたら
グランドカバーとして売られていました。
となると家にはうん万円分の雑草が勝手に生えていたことに
なります。大事にしないとです。

27ヒメツルソバ.jpg





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

情報提供286「地域の助け合い活動推進セミナー等」

○ 生活支援ボランティア講座

別府市会場(地域ささえ愛センター)では10月18日(日)
にNPO法人たすけあい組織鼓楼の田原京子さんによる「住
民参加型福祉サービス」と大分県栄養士会の土谷洋子さんに
よる「高齢者栄養と食事の介助」、大分県薬剤師会の中島
美紀さんによる「薬とセルフケア、お薬手帳、薬の安全な服
薬の仕方」講座がありました。

10月25日(日)にはNPO法人日本健康運動指導士会の
長野力さんによる「室内での運動の必要性と取り組みについ
て」と大分県ノルディックウォーク連盟の内田勝之さんによ
る「野外での運動の必要性と取り組みについて」の講座があ
りました。
11月1日(日)には大分県介護福祉士会の堀直美・柳迫富
美子さんによる「高齢者疑似体験」と中山さえ子さんによる
「身体の起こし方」講座がありました。

27生活支援ボランティア講座別府健康運動.jpg

27生活支援ボランティア講座別府ノルデック.jpg

○ 地域の助け合い活動推進セミナー(大分市・玖珠町会場)

平成27年度の介護保険の改正でこれまでの介護保険の予防
給付が見直され、市町村の総合事業として移行し、高齢者の
多様なニーズに対応するために市町村が実情に応じ取り組み
を推進することになりました。

このような制度改正についてはまだ十分住民の方に周知が行
き届いてないために、より理解を深めて貰おうとセミナーを
県下6箇所で開催しています。

その3・4回目(平成27年10月31日・11月1日)を
厚生労働省老健局振興課の川部勝一課長補佐を講師として大
分市(31日)・玖珠町(1日)で開催しました。
講演内容は地域包括ケアシステムの構築に向けた介護予防と
生活支援の充実等でした。
今後、予防給付を見直し、円滑に地域支援事業へ移行してい
くためには市町村が中心となってボランティア等様々な方々
・団体を巻き込んだ地域の支え合いの体制づくりを進めるこ
とが必要となります。

27地域の助け合い活動推進セミナー大分市会場.jpg

27地域の助け合い活動推進セミナー玖珠町会場.jpg

○ 企業・団体の社会貢献・ボランティア活動研修会

企業・団体の方に地域社会の一員として、社会貢献活動・ボ
ランティア活動を実践する意義とボランティア・NPOとの
協働の具体的な取り組み方や効果的な進め方を理解して貰う
ために平成27年10月31日(土)に大分市竹中の憩いの
広場(NPO法人碧い海の会)で上記研修会が開催されまし
た。

当日は、(株)古城、リコージャパン(株)、プルデンシャ
ル生命保険(株)などが家族連れで参加しました。
活動内容は竹林整備(竹の切り出し)や竹工芸など。まずN
PO法人碧い海の会の活動拠点を見学した後、グループに分
かれて竹の切り出しや竹杖づくり、ピザ釜体験料理などに取
り組んでいました。

27企業・団体社会貢献1.jpg

27企業・団体社会貢献2.jpg

27企業・団体社会貢献3.jpg

27企業・団体社会貢献4.jpg

27企業・団体社会貢献5.jpg

27企業・団体社会貢献6.jpg

○ つわぶき

家の裏にいつのまにか、つわぶきが壁沿いに自生していてい
たのですが、今年日当たりの良い前庭に移し替えるとみるみ
る大きくなり花を咲かせるようになりました。
つわぶきは「艶のある葉のふき」の意味があるそうです。
茎と葉を打撲や火傷に用いたりフキと同じように茎を食用に
したりします。
若葉をつみとって塩ゆでにするとおいしい。

ちまちまと した海もちぬ
         石蕗(つわ)の花    小林一茶

いくたびか 時雨(しぐれ)のあめの
   かかりたる 石蕗の花も つひに終はりぬ
                     斎藤茂吉

27つわぶき.jpg




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。