So-net無料ブログ作成
検索選択

情報提供308「災害ボランティアセンター立ち上げ等」

○ 大分県災害ボランティアセンターの立ち上げ

余震が続く平成28年4月16日(土)午前9時20分に大
分県社会福祉協議会内に大分県災害ボランティアセンターが
立ち上がりました。
センター開設直後に避難所を多く開設した3市町村社協(大
分市・別府市・由布市)に先発隊(2人3班)を派遣し、職
員安否確認や災害ボランティアセンターの立ち上げ、避難所
の状況等についてアセスメントを行いました。

私が出かけた別府市社協では災害ボランティアセンターを立
ち上げてはいませんでしたが、職員8名を招集して対応して
いました。
また別府市社協は避難所にも指定されているので、別府市か
ら職員2名が派遣されていました。
避難所に指定されている別府アリーナと山の手小学校にも行
ってみました。
別府アリーナでは昨夜多いときで留学生や旅館宿泊者等500
名近く避難していましたが、訪れたときは109名でした。

28山の手小学校避難所.jpg
山の手小学校

○ 由布市災害ボランティアセンターの立ち上げ

4月19日(火)に由布市社会福祉協議会(庄内町)や災害
ボランティアセンターの立ち上げ予定地になる湯布院事務所
を訪れ、ボランティアニーズ状況などを聞き、災害ボランテ
ィアセンターの立ち上げ等について協議を行いました。

その後、避難所に指定されている由布院小学校や湯布院B&G
海洋センターに出向き状況を聞いてまわりました。
別府市と同じように昼間は家に戻って夜に避難所に来て過ご
す方が多くいました。
自衛隊による炊き出しも行われていました。

28湯布院小学校避難所.jpg
由布院小学校

28湯布院小学校避難所2.jpg

28湯布院小学校避難所3.jpg

28湯布院B&G1.jpg

2828湯布院B&G2.jpg

その後、湯布院町川北にある特別養護老人ホーム温水(ぬくみ)
園を訪れました。
温水園は福祉避難所に指定されており、訪れたときは高齢者
障害者、ゼロ歳児を抱える母子の方など13人が避難所や自宅
から移って滞在していました。

28温水園.jpg

28温水園2.jpg

4月20日(水)には由布市社会福祉協議会災害ボランティア
センターを立ち上る方向で動いているとの情報により、湯布院
事務所に出向きました。
立ち上げるに当たっての準備すべきことや課題、ボランティア
ニーズ把握の仕方、ボランティア受入等について協議を行い、
15時に由布市災害ボランティアセンターが立ち上がりました。

15時にはセンターの配置や備品整備なども完了し、17時ま
でには受付電話やファックス機器の設置も済ませ、16時頃か
ら明日に備えてのミーティングが始まりました。
17時には湯布院事務所を後にしましたが、道が渋滞しており
事務所に戻り着くのに2時間を要しました。

28湯布院災害ボランティアセンター.jpg

22由布市災害ボランティアセンター2.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。