So-net無料ブログ作成
検索選択

情報提供40「全国乾椎茸品評会」等(2011月7月12日)

情報提供40「全国乾椎茸品評会」等


○ 全国乾椎茸品評会で後藤さんが農林水産大臣賞を受賞

大分県では、県レベルの乾椎茸品評会が2団体で行われ

ており、その1つが大分県椎茸農業協同組合主催の

大分県乾椎茸品評会で平成23年6月4日(土) に

大分県椎茸農業協同組合乾椎茸流通センターで開催されました。

「箱物の部」の3規格と「袋物の部」の5規格で競われ、

「袋物の部」で上位入賞した出品物は、日本椎茸農業協同

組合連合会主催の全国乾椎茸品評会に出品されます。

中部振興局管内では箱物で優等1席冬こ(どんこ)で

由布市の後藤文生さん、優等冬こ(どんこ)、香こ(こうこ)で

由布市の古庄一成さんが選ばれました。

袋物では優等天白冬こ(てんぱくどんこ)、香こ(こうこ)で

由布市の後藤文生さんが選ばれました。

引き続き6月24、25日(金・土)に静岡県藤沢市で行われた

「第59回全国椎茸品評会では、大分県が団体で13年連続

45回目の優勝を果たしました。

個人部門の農林水産大臣賞(優等)には天白どんこで由布市

の後藤文生さんが、同じく林野庁長官賞(1等)にはどんこで

池辺稲生さんと池辺伸恵さんが、こうこで後藤サツキさんが

管内から選ばれました。 

大分県乾椎茸品評会にて(後藤文生さん作).jpg
大分県乾椎茸品評会にて(後藤文生さん作).

大分県乾椎茸品評会にて(後藤文生さん作)2.jpg
大分県乾椎茸品評会にて(後藤文生さん作)

大分県乾椎茸品評会で表彰される後藤文生さん.jpg
大分県乾椎茸品評会で表彰される後藤文生さん


○ 総務企画委員会県内所管事務調査



県議会には各種常任委員会があり6月1日の農林水産委員会

をはじめとして各委員会の事務調査が約1ヶ月かけて行われました。

その一つとして総務企画委員会事務調査が平成23年6月15日

(水)に県議会第三委員会室で開催されました。中部振興局、公文

書館、職員研修所、大分県税事務所から概要説明がなされました。

その後、「うみたま体験パークつくみイルカ島・つくみマルシェ」と

大分県芸術文化短期大学を現場調査しました。

 この「うみたま体験パークつくみイルカ島」は、

(株)マリーンパレス、津久見市、商工会議所等が

連携して津久見市の新たな観光拠点として整備し、

今年4月2日にオープンしたものです。

また「つくみマルシェ」は、中部振興局の地域活性化総合

補助金(元気創造事業)を活用し津久見のマグロなどの

特産品を使った食事を提供する飲食部門と特産品販売等の

物販部門を備えた施設を併せて整備しました。

生け簀越しに見るイルカ島(左)とつくみマルシェ(右).jpg
生け簀越しに見るイルカ島(左)とつくみマルシェ(右)

つくみマルシェの物販風景.jpg
つくみマルシェの物販風景

○ 県漁協青年部津久見支部「漁民交流ミニバレーボール大会



6月2日(土)、大雨の降る中、約120名、地区別、水産会社、

青年部臼杵支部、津久見市、中部振興局など14チームが

参加して津久見市民体育館で盛大に開催されました。

これは平成8年からの恒例行事となっており津久見市

各漁村地区の交流と親睦を目的としています。

当日は振興局もチームを結成し、予選に臨み1勝1敗。

これで帰れるかと思いきや2位チームでの勝ち抜き戦があり

これも1勝1敗となり、昨年全敗の汚名を返上しました。

奮戦する中部振興局チーム(手前).jpg
奮戦する中部振興局チーム(手前)









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。